うさぎ飼育指南サイト「ラビットわーるど」にようこそ!

多頭飼いのトラブル

ケガ

うさぎさんがケンカをすると、耳や鼻を噛みちぎったり、目を引っ掻いたり、おしりを噛まれたりします。また、オスの場合は性器を噛まれたりします。激しいケンカになる前に止めに入りましょう。

りんちゃん

前におもいっきりケンカをしたとき、止めに入った飼い主さんが出血しちゃったことがあるよね。

そうね。あたしたちうさぎは飼い主さんたちには手加減することはあっても、同じうさぎには手加減無用よ。

てんちゃん

毛咬み(バーバリング)

上位のうさぎさんが下位のうさぎさんの毛をむしり取ります。また、多頭飼いのストレスで自分自身の毛をむしることもあります。あまり酷くむしられると皮膚病に発展する恐れがあります。

りんちゃん

大ゲンカしたときに毛をむしり合ったりしたよねー。自分の毛をむしっちゃう子もいるだなんて、うさぎも自傷行為をするんだね。

むしりあったわね~。飼い主さんたちの中でもストレスで髪の毛を抜いてしまう病気があるでしょ?それと同じだと思うわ。

てんちゃん

細菌感染

うさぎさんの呼吸器系は細菌に弱く、感染しているうさぎさんのくしゃみなどから感染してしまうそうです。
鼻水、くしゃみ、下痢をしているうさぎさんは早々に病院へ連れていき、他のうさぎさんとは接触させないようにしましょう。

りんちゃん

くしゃみで感染るだなんて飼い主さんたちの風邪と同じだね。特に気をつけることは何?

一番いいのは他の部屋に隔離することだけど…。多頭飼いだとそれも難しい場合があるわよね。

てんちゃん

寄生虫

ノミやダニといった寄生虫は接触することで付いてしまいます。また、お世話をしている飼い主さんを介して付いてしまうこともあります。

りんちゃん

てんちゃんにダニがついてて、念のためにわたしもダニ駆除剤をつけてもらったことがあるよね。

そうね。また、うさぎには症状が出ないようなダニでも飼い主さんは症状が出たりするから、「ダニに刺されたかな?」と思ったら念のために獣医さんに診てもらっても良いかもしれないわね。あたしのダニはそれで見つかったし。

てんちゃん