うさぎ飼育指南サイト「ラビットわーるど」にようこそ!

うさぎさんのお世話

うさぎさんの食事

お迎えする際にそれまで食べていたペレットや牧草を購入します。
他の牧草やペレットに変更したい場合は、1週間ほど時間をかけて行いましょう。
今までの牧草・ペレット3/4、新しい牧草・ペレット1/4を2日間、今までの牧草・ペレット1/2、新しい牧草・ペレット1/2を2日間、今までの牧草・ペレット1/4、新しい牧草・ペレット3/4を2日間と切り替えていきます。

りんちゃん

なんでそれまで食べていたペレットや牧草を与える必要があるの?飼い主さん大変じゃない?

いきなり別のものに替えちゃうと食べない可能性もあるし、なにより腸内環境が急に変わって体調を崩す子もいるのよ。

てんちゃん

毎日のお世話

お水朝晩新しいものに変えましょう。水道水で大丈夫です。

牧草は常に食べ放題にします。仔うさぎさんはマメ科のアルファルファという栄養たっぷりの牧草でも構いませんが、大人うさぎさんはイネ科のチモシーを主食にしましょう。

ペレットは朝晩の2回に分けて与えます。量は、仔うさぎさんは体重の3%、大人うさぎさんは体重の1%を与えましょう。ここで注意したいのが、うさぎさんは牧草よりも嗜好性の高いペレットが大好きです。よく食べるからと言って与えすぎてしまうと、肥満の原因になったり、牧草を食べなくなることで様々な病気の原因になったりします。

トイレとケージの下の引き出しは1日1回掃除しましょう。

また、ケージから出して運動させてあげましょう。15分~2時間程度で、飼い主さんのご都合にあわせて時間を調整してあげてください。

りんちゃん

牧草が食べ放題よりもペレットが食べ放題のほうが良いのにな~。てんちゃん、ダメなの?

あたしたちうさぎは牧草を歯ですりつぶすことによって歯の伸び過ぎを抑えることができるのよ。死ぬまで歯が伸び続ける生き物ですからね。

てんちゃん

定期的なお世話

週に一度はグルーミング(ブラッシング)をしましょう。換毛期と言う、毛が生え変わる時期はこまめに行うと良いです。長毛種の場合は換毛期に関わらずこまめに行いましょう。放っておくと毛が絡まり、最悪病院で麻酔をかけてバリカンで刈るしかなくなります。

1ヶ月~2ヶ月に一度は爪切りをしましょう。自分でやるのが難しい場合は、うさぎ専門店や動物病院で切ってもらいましょう。爪切りは人間用の爪切りでなく、ペット専用の物を用意しましょう。ハサミ型のタイプが多いです。うさぎさんを膝の上に抱っこして、自分のお腹に引き寄せ、固定した状態で行います。暴れる場合は、テリトリー以外の場所(普段行かせない部屋やお風呂場など)で行うと大人しくなる傾向にあるようです。切る際の注意点ですが、うさぎさんの爪には血管が通っているので、その2~3mm位先を切るようにしましょう。黒い爪の子は血管が見えにくいので、後ろからペンライトや爪切り用ライトを当てると見えやすいです。

年に一度は動物病院で健康診断をしてもらいましょう。「元気だから大丈夫!」と思わず、むしろ元気な頃のデータを取りに行っておくことで、緊急時にどこが悪いのか発見しやすくなります。

りんちゃん

わたしたちは動物病院で爪切りしてもらってるよ!爪切りは苦手だけど、慣れてない飼い主さんより獣医さんのほうが安心かな。

もし飼い主さんが爪切りしてて血が出ちゃったら、患部を血が止まるまで抑えてちょうだいね。留まる気配がなかったら動物病院へ!

てんちゃん

最後に

上に書いたものはmotacoが実践したり、周りの飼い主さんの飼い方を見聞きしたりしたものです。実際にやってみると大変で、辛くなってしまうかもしれません。その場合はご自分の楽なようにしてみてください。実際、motacoはケージの下の引き出しは週に3度しかやらなくなってしまいました。上に書いたものはあくまで理想です
また、環境やうさぎさんによってご飯を与える回数やお水を飼える回数も異なるでしょう。このページは参考程度にして、自分なりの飼育方法を見つけてください。応援しています。

りんちゃん

わたしたちの飼い主さん、ズボラ飼育だよね。昔は「完璧に!」って意気込んでたのになー。

それで育児疲れみたいになったら大変じゃない。お互いに歩み寄ることが大切なのよ、りんちゃん。

てんちゃん