うさぎ飼育指南サイト「ラビットわーるど」にようこそ!

お迎え直後の接し方

まずはそっと見守る

うさぎさんは環境の変化にストレスを感じやすい生き物です。初日は、早速触りたい気持ちをぐっと堪え、セッティングされたケージに入れてそっとしておきましょう。うさぎさんが気にするようなら静かな場所でケージに布をかけてあげると良いです。まだ触らず、ごはんやトイレの世話だけをしましょう。名前が決まっていたらたまに名前で呼んであげても良いかもしれません。

2~3日経って落ち着いてきたら、手からごはんを与えたり、優しくなでてあげましょう。触るときはいきなり触るのではなく、うさぎさんに手を見せながら「ナデナデするよ~」など声掛けをし、背中頭から鼻先にかけてを優しくなでなでします。

4~5日経って環境に慣れてきたら、ケージから出してみましょう。緊張しやすい子は怖がって出てこない場合があるので、そのときは無理せずうさぎさんのペースに合わせてあげてください。

りんちゃん

わたしたちなんて、知らないところに連れてこられた恐怖で寄り添いながら震えてたよね~。

今までお世話してくれてた人や、環境がガラッと変わるのよ!まずは落ち着かせて欲しいわね。

てんちゃん

トイレのしつけ

うさぎさんが環境に慣れてきたら、トイレのしつけを始めましょう。…と言っても、トイレはしつけるのではなく、うさぎさんが1ヶ所におしっこやうんちをする習性人間が利用するだけであって、「ここにしなさい!」と無理強いはできません。中にはトイレが覚えられない子もいるので、その場合は諦めましょう。

しつけ方としては、うさぎさんのしたおしっこを染み込ませたティッシュなどをトイレに置き、他の場所でしたらペット用の消臭スプレーで匂いを消します。また、うさぎさんはおしっこをするときにしっぽを持ち上げます。その隙に抱っこしてトイレに連れて行ってあげても良いでしょう。どちらにせよ、トイレを使うことができたらよく褒めてあげてください。

りんちゃん

はじめはトイレが使えた子でも、年齢を重ねるうちに使えなくなっちゃうこともあるけど、許してね。

中々トイレを覚えないからって叩いたり怒鳴ったりしちゃダメよ!とくに、うさぎの骨はスカスカだから簡単に折れたり割れたりしちゃうわ。

てんちゃん

抱っこに慣らす

うさぎさんは草食動物ですので、本能的に体が地面から浮くのを怖がります。なぜなら、捕食されるときと同じ状況だからです。ですが、爪切りや病院での検査に必要な行為なので、慣れさせる必要があります。抱っこが全然大丈夫な子もいますが、基本的には嫌なことをしているんだということを覚えておきましょう。

抱っこする際は、利き手の逆の手で前足とお腹の間に手を滑り込ませ、利き手でおしりをすくい上げるようにします。そのあと、自分の胸にうさぎさんの顔が当たるように密着します。うさぎさんの顔が自分の方に向く抱っこの方法です。
2人がかりで爪切りをする場合など、うさぎさんのおしりが自分の方に向く抱っこも上記と同じ方法(後ろからすくい上げる)で行います。こちらはうさぎさんが暴れやすいため、無理強いは禁物です。

りんちゃん

抱っこは本当に怖いよね~。飼い主さんは我慢しなくちゃダメって言うけど。それにしても、てんちゃん。文章だけじゃ抱っこのイメージが湧かないよ。

そこはごめんなさいね。あたしたちの飼い主さんが「写真が取れ次第、掲載する」って言ってるわ。

てんちゃん