うさぎ飼育指南サイト「ラビットわーるど」にようこそ!

動物病院

かかりつけ病院を持とう

犬さん猫さんと違い、うさぎさんを診てくれる病院は多くありません。まずは、事前にうさぎさんを診ることができる先生がいるか病院に電話して確認しましょう。また、診れると言っていたのに手つきが危なっかしいぞ…?といった場合もあります。インターネットやSNSを上手く利用して、安心して診てくれる病院を見つけましょう。

りんちゃん

なんでうさぎを診てくれる獣医さんって少ないの?ただでさえ動物病院って少ないのに、探すの大変だよ~。

うさぎを含むエキゾチックアニマルって、犬さんや猫さんに比べて飼ってる人が少ないから、勉強する獣医さんも少ないのよ。

てんちゃん

夜間病院もチェック

かかりつけ病院の提携先や紹介してもらった場所が良いですが、特にない場合も緊急時になる前に目星をつけておきましょう。
「朝起きてみたら具合が悪そうだけど、様子見して仕事に行こう…」といった場合もあるかと思います。その場合、帰ってきたときに症状が変わってない・悪化している場合は夜間病院に連れて行くしかありません。特にうっ滞の場合、次の日の朝を待つと最悪24時間もの間、胃腸を動かさないという、うさぎさんにとって生死に関わる状況になってしまいます。

りんちゃん

夜間病院ってお金かかるんでしょ?飼い主さんがたいへんだよ…。連れて行ってもらえるまで我慢しちゃダメなの?

あたしたちうさぎは被捕食動物だから、体調不良を隠すのよ。天敵にバレたら狙われちゃうからね。だから、飼い主さんが気づいたころには隠しきれないほど体調が悪いと思ってくれてかまわないわ。

てんちゃん

通院時の注意

車で通院する場合も電車で通院する場合も、ペット用のキャリーケースに入れて連れていきましょう。ペット用カートと言う方法もありますが、交通機関によっては使用できないため、事前に確認しておきましょう。
また、夏は保冷剤をタオルにくるんで入れておくなど、暑さ対策をしっかりとしましょう。

りんちゃん

わたしたちはシートベルトができないから、キャリーに入ってシードベルトをしてもらうか、座席の下に置いてもらわないといけないんだよね。

そうよ。また、徒歩や電車を利用する場合は温度対策をしっかりとってもらわないとね。飼い主さんにはちょっとの時間と思っても、つらいものはつらいのよ。

てんちゃん